「ハイスクール・フリート(はいふり)」2話の予想 「晴風」に乗る少女たちは一体どうなるの?!

スポンサードリンク
a

4月9日に1話が放送され、驚愕の展開に視聴者を強烈に惹きつけたアニメ「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」

この記事では、「ハイスクール・フリート(はいふり)」2話の予想を書いていきます。

次回予告はおろか公式サイトを見ても2話のタイトルすら分からないこの作品、制作サイドの掌の上で転がされている気がします(笑)

「ハイスクール・フリート(はいふり)」2話の予想

前回の♯1「初航海からピンチ!」は放送開始直前まで「はいふり」というタイトルや、「明るく楽しい?学校生活」など、本当の情報の中に上手くフェイクを挟むことで盛大な盛り上がりを見せました。

うってかわって、2話に関してはまったくの情報を公開しない徹底ぶり。

アニメ本編もそうですが、それだけに留まらない力の入れ具合は圧巻です。

一体、「晴風」に乗る少女たちはどんな運命を辿るのでしょうか。

2話の展開に関して、私が予想するのは以下の2つのパターンです。

その1.紆余曲折ありながらも、「晴風」に乗った少女たちは学校生活に戻る

その紆余曲折って何だよという話ではありますが、1話でのあまりにも意図が分からない教官の裏切りに違和感を覚えた人は多いと思います。

なので教官側が世界に楯突く悪役であって、主人公たちは誤解を解かれて学校生活に戻り、教官たちの勢力と戦うというもの。

ハイスクール・フリートの世界で日本は国土の多くが水没しているので、それが環境のせいでなく「敵」とする勢力による行為だとしたらありえなくもない展開だと思います。

スポンサードリンク

ちなみにアニメ1話に関して違和感という観点で考えた時に、最初から最後まで違和感だらけだよ!と指摘されるともう黙るしかありません(笑)

その2.反逆者として国を追われながらのサバイバルが始まる

1話で、教官たちの船に反撃したことにより反逆者になってしまった少女たち。

これが逃亡生活の幕開けだった……

這う這うの体でフィリピンあたりに寄航すると、既に日本で指名手配されていることを知る。

彼女たちは艦載されている軍需品を売り払って資金を確保すると、ブラックマーケットで偽造パスポートと銃器を購入し、更には「晴風」を改造して追っ手の目を欺きながら生活する。

彼女たちが生き残る為に選択した道は「海賊」であった。

愛くるしい表情で警戒心を薄れさせ、運航中の船に乗り込んではその全てを奪いつくす。

年端もいかない少女たちが淡々と残虐な略奪行為を行う様をみて、いつしか彼女たちはこう呼ばれた。「ハイスクール・フリート」と……

おわび

完全に遊びすぎました、ごめんなさい(笑)

しかも上手いこと言えてないお粗末な着地になった事も重ねてお詫び申し上げます。

そもそも「フリート」は艦隊、や船団を意味しているので、どんな展開であれ幼馴染のもかちゃんや、他の戦艦の乗組員も仲間ではあると思います。

最後に1番マトモな予想をした気がします。

なんにせよ2話が楽しみで仕方ない方が多い作品だと思いますし、私も心待ちにしています!

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2016年の新作アニメは他にも沢山面白い作品が揃っていますよね!

今なら、2週間無料トライアルでこちらのHuluから無料で視聴できます。

無料ですぐに観れますので、よければ登録してみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事はこちら

The following two tabs change content below.

oka

アニメの最新情報や感想の記事を作成しています。皆さんに楽しく読んで頂けるよう頑張ります! 現在、記事作成しているアニメ:ジョーカー・ゲーム,Re:ゼロから始める異世界生活,ばくおん!!,甲鉄城のカバネリ,はいふりetc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。