「ハイスクール・フリート(はいふり)」9話の予想 ウィルスを運ぶ敵の名は「ラット」!! 「深海」がキーワード!?

スポンサードリンク

戦艦比叡との戦いを終え、物語は核心へと迫っていくであろう人気アニメ「ハイスクール・フリート(はいふり)」

今回ははいふり9話の展開を、2つのポイントに分けて予想していきます!

ウィルスを運ぶ敵の名は「ラット」!!

a

8話で明かされたのは、武蔵や比叡が感染しているウィルスの正体でした。

その名前はラット……まんまじゃないですか、とツッコミたくはなりますね。

そして猫に対して弱いという特性を持っているようです、五十六と多聞丸の活躍にも期待ですね。

海洋プラントで生まれた突然変異種のようで、ラットが媒介しているウィルスは電磁波により生体電流に干渉し、感染者もまた電磁波の発信源となって感染が拡大していきます。

a

病気という訳ではなく、コンピュータウィルスに近いイメージですね。

感染すると体ごと乗っ取られて、1つの意志の元に動かされるとのこと。

スポンサードリンク

あくまでも生体電流に干渉しているだけなので記憶は残りますが、その1つの意志というものが共有されているわけでないようなのが問題です。

「意志」を持っている大元はどこにいるのか、一体何を目的として動いているのか、まだまだ見えてこない謎の部分ですね。

「深海」がキーワード!?

a

8話で気になったのはこの報告書のテーマです。

実験艦が海底1500メートルまで沈降したということもあり、人が深海で活動することを目的とした実験なのでしょうか。

はいふりの世界における日本は海底資源によって潤っている国、という状況もあるので、海底に国益になる何かがあるのかもしれません。

そして猿島にも乗り込んでいたという研究者たちは、この実験艦のデータを闇に葬ろうとしています。

この事から、「意志」
はもはや人の手に負えないものになっているのではないでしょうか。

研究者たちが隠蔽しようとしたデータの中身、そして未だその姿を見せないウィルスの、「意志」を持った存在とその目的とは一体……

はいふりのこれからの展開に、目が離せません!

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2016年の新作アニメは他にも沢山面白い作品が揃っていますよね!

今なら、2週間無料トライアルでこちらのHuluから無料で視聴できます。

無料ですぐに観れますので、よければ登録してみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事はこちら

The following two tabs change content below.

oka

アニメの最新情報や感想の記事を作成しています。皆さんに楽しく読んで頂けるよう頑張ります! 現在、記事作成しているアニメ:ジョーカー・ゲーム,Re:ゼロから始める異世界生活,ばくおん!!,甲鉄城のカバネリ,はいふりetc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。