「ジョーカー・ゲーム」第二話を予想!窮地に立たされた佐久間の運命は?!

スポンサードリンク

待望の1話放送後、各所で「面白い」と評判のアニメ「ジョーカー・ゲーム」

第2話を早く見たくてたまらないという方も多くいらっしゃるのではなしでしょうか、私もその内の1人です。

この記事では前回のあらすじを振り返りつつ、2話の展開を予想していきたいと思います。

原作は小説なので調べようと思えば先の展開を知ることはできるのですが、私はアニメを新鮮な気持ちで楽しみたいので予備知識なしで考えていこうと思います。

第2話「ジョーカー・ゲーム(後編)」の展開を予想!

第1話で、D機関と参謀を繋ぐ橋渡しとして登場した陸軍中尉の佐久間は、上司からゴードンというスパイ容疑のかかった男性の家宅捜査を依頼されます。

容疑をかけられるなど屈辱だというゴードンに対して、佐久間が切腹をするという条件を勝手に出して、ゴードン邸の捜査を受け入れさせる三好。

しかし捜査自体が上司の仕向けた罠で、ゴードン家には数日前に憲兵隊が立ち入っているので証拠など出るはずもないのです。

絶対絶命の佐久間がどうやってこの窮地を逸するのかが2話の見どころになるのですが、恐らく次回予告の「探し物は案外近くにあるかもしれませんよ」というセリフがキーワードになってくるのだと思います。

スポンサードリンク

探し物とはゴードンがスパイだという証拠で、それが近くにあるということだと思います。

今回私が予想するのは2つのパターンです。

その1.ゴードンが何かを隠し持っている、ないしはゴードンから証拠たりうる情報を引き出す。

ゴードン邸にいるのは精鋭のスパイですし、口先八丁で自白に近い情報を引きずり出したり、なんてこともあるのではないかと思います。

その2.軍が証拠を隠蔽している

数日前に憲兵隊が押し入った際に軍は証拠を発見したものの、ゴードンの財力や政治的な権力で揉み消されたりしている可能性もあると思います。

軍内部の腐敗というテーマも、ジョーカー・ゲームだと扱いそうな気がします。

他にも気になる展開が盛りだくさんの「ジョーカー・ゲーム」

まだまだ謎だらけのスパイ達の素性や、もっと大きなスケールの話でいくと彼らの力によって果たして第二次世界大戦の中で、日本はどういった結末を迎えるのかというのも気になります。

アニメ「ジョーカー・ゲーム」の今後の展開に目が離せません!

言い訳がましくなってしまうので最後に書きますが、この作品は先の読めない展開が多くなりそうなので、もし予想がかすりもしなくても怒らないでくださいね(笑)

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2016年の新作アニメは他にも沢山面白い作品が揃っていますよね!

今なら、2週間無料トライアルでこちらのHuluから無料で視聴できます。

無料ですぐに観れますので、よければ登録してみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事はこちら

The following two tabs change content below.

oka

アニメの最新情報や感想の記事を作成しています。皆さんに楽しく読んで頂けるよう頑張ります! 現在、記事作成しているアニメ:ジョーカー・ゲーム,Re:ゼロから始める異世界生活,ばくおん!!,甲鉄城のカバネリ,はいふりetc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。