【ネタバレ有】甲鉄城のカバネリ7話「天に願う」感想 倭文駅にてホッと一息、鰍や巣刈の素顔が明らかに! 来栖の意外な一面も!?

スポンサードリンク

強敵「黒けぶり」との戦闘を乗り越え、新たな展開に期待の高まる大人気アニメ「甲鉄城のカバネリ」

この記事では、甲鉄城のカバネリ7話「天に願う」の感想を書いていきます。

倭文駅でホッと一息!鰍、巣刈、逞生の素顔が明らかに!

強敵「黒けぶり」との戦いを終えて、甲鉄城がたどり着いたのは倭文駅。

顕金駅脱出してから初めて人の住んでいる駅に到着し、補給や修理など、休息を取る回になりました。

鉄城に乗る人々の今まで描かれなかった素顔が見れて、キャラクターに愛着が沸く良い展開だったと思います。

a

食料等の買い出しにあたって、先頭に立って意気揚々と値切りを始める鰍。

いつも他人の世話をしている、お母さん気質なイメージのあった鰍ですが、ここまでとは思いませんでした。

年代的には生駒とそう変わらないであろう少女なのに、凄まじい迫力で店主に詰め寄っていく様が面白かったです。

女性らしい強さが見える良いシーンでしたね。

b

今までクールでいけ好かないキャラだと思っていた巣刈ですが、7話で印象が変わりました。

スポンサードリンク

我の強い性格でありながら、しっかり他人を思いやる気持ちを持っている好青年ですね。

侑那に好意を寄せているような描写もあったので、この先の二人の関係にも注目です。

a

逞生も7話で印象が変わったキャラの一人です。

温厚で緊張しいなところのある少年だと思っていましたが、自分を主張をキッパリと発信できるようです。

生駒の良い相棒として、これからの活躍にも期待しちゃいますね。

来栖はカワイイ!? 意外な一面が明らかに

a

7話で一番意外だったのは、来栖の意外な素顔でした。

まさにサムライといった感じの、いつでも冷静沈着な青年だと思っていました。

赤面した来栖、可愛いですよね。

女性人気の高いキャラだとは思っていましたが、7話で更に爆発的な支持を獲得したのではないでしょうか。

冒頭で生駒に剣技を真似られた事に対してムッとしているシーンもあったので、少年っぽい一面もあるみたいですね。

基本的に菖蒲絡みのことでしか取り乱さないとは思うので、来週からの菖蒲と話しているシーンは必見ですね。

8話の放送を楽しみに待ちましょう!

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2016年の新作アニメは他にも沢山面白い作品が揃っていますよね!

今なら、2週間無料トライアルでこちらのHuluから無料で視聴できます。

無料ですぐに観れますので、よければ登録してみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事はこちら

The following two tabs change content below.

oka

アニメの最新情報や感想の記事を作成しています。皆さんに楽しく読んで頂けるよう頑張ります! 現在、記事作成しているアニメ:ジョーカー・ゲーム,Re:ゼロから始める異世界生活,ばくおん!!,甲鉄城のカバネリ,はいふりetc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。